相手をよく観察することが大事

トップページ > 脈あり?社内恋愛の恋の駆け引き > 相手をよく観察することが大事

気になる男性からをよく観察し、アプローチを見逃さないようにしましょう。

もしあなたに気になる男性がいるなら、観察することを怠らないようにしましょう。
社内恋愛というものは確かに多くの人が夢見ますが、男性には万が一のリスクが大きいので、なかなか気持ちが現れずなかなかその気持ちまで表に現れず気づかないことがあります。
そういったことの無いように、自分以外の人と話すときや、目配りや配慮など見逃さないようにしましょう。
例えば仕事中の距離感一つでもペンを借りたり、修正テープを貸してくれたり、実は気になっているというサインがちらほら見えてきます。
中にはそんな事を本人ですら無意識でやっている人もいますから、そういった場合はこちらからもさりげないアピールをしてみましょう。
それによって相手が自分の気持ちに気づいて、本当に意識してくれる事もありますからね。

勘違いからの逆アプローチに注意!

もし気になる男性とよく目があったり、他の女性と対応が違うからといって、こっちから熱いアプローチをかけるのは少し早いかもしれません。実際はたまたま考え事している時にたまたま視線にあなたがいただけかもしれませんし、自分以外の女性をただあまりよろしく思っていないということもありえますから。(ちょっと考えすぎかもしれませんが)

そういうのも、女性は気のない相手からアプローチをかけられても悪い気はしないのに対し、男性は何度もアプローチされたりすると、引いてしまう事があります。なので最初うまくいかなかったらガンガン攻めるのではなく、仕事や趣味に打ち込んで彼から少し離れてみることも大切です。